2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「CHAT OF HANDS = シュワ’K」さんの記念大会で、歌ってきました。
「シュワ’K」さんの手話に出会ったのは15年位前で、歌に合わせて「踊るように」「歌うように」「全身を使ってしなやかに」言葉を表現なさっているので、感激し大好きになりました。

2017:4:9シュワK◎◎20周年

全曲13曲に手話通訳を付けて頂きました。

「ホーハイホー」は、イルカが住む海のお話の歌で、イルカや海、森、空、宇宙が歌詞に出てきて、5才の子供さん3人での手話は可愛くて、歌にぴったりでした。

「翼をください」は、会場の皆さんにも手話を覚えてもらい
全員で歌と手話との大合唱となりました。
私もサビの部分の手話= ♪ この大空に 翼をひろげ 
飛んでゆきたいよ  悲しみのない 自由な空へ
翼はためかせ ゆきたい ♪ 
バッチリ覚えましたよ。

少しずつ手話を覚えてゆこうと、思いました。







二代目高橋竹山さんソロのコンサートに行ってきました。

2017:3:1高橋竹山
初代竹山さんの魂を引き継いで20年になります。
津軽三味線の魅力は、太い音、繊細な音色からなる旋律、
即興的な装飾音、津軽の風景、人間の魂が聴こえてくる所だと思います。

初代竹山さんのコンサートは何回も聴きに行きましたが、
野外ステージで津軽伝承歌「もうっこ」を、コラボさせていただいたのは、最高の思い出です。
リハーサルでは、私が2コーラス歌って「ここから竹山さん、演奏をお願いしますね」と言うと「んだっ!」と言われて
「紙ふうせん」の演奏と歌を最後まで聴いていらっしゃるだけで、リハが終わりました。
そして本番。 
約束の2コーラスが終わったところから、「ベン、べべ〜ン」と竹山さんの三味線が入ってきて、その音色にゾクッと鳥肌が立ち、「ああ〜高橋竹山さん、ここにあり!」と大感激をしたのを、鮮明に覚えています!

二代目竹山さんのコンサートは、11月にも予定されています。






鳥Birdをシンボルに、世界の自然環境を守る国際環境NGO「BirdLife International」のパーティに参加してきました。
2004年より名誉総裁は高円宮妃久子殿下が就任され、今回のパーティにもご来臨されました。
「種の保全」「重要生息環境」「渡り鳥の保全」「海鳥と海洋の保全」「森林保全」「企業と生物多様性」のテーマの
ビデオと講演を聴き、勉強させていただきました。

1995年の阪神淡路大震災の3日後に聴いた小鳥のさえずりに、心が和み、とても元気付けられた事や、近日ホッケチョと鳴く鶯に「早く、上手になってね」と囁きかけたりする私の大切な日常の中にいる鳥の存在は、自然環境のバロメーターにもなっていると思います。
      2017:3:10「BirdLife」玉岡かおるさんと
作家の玉岡かおるさんとご一緒でしたので、記念にパチリ!
とても気さくな方で、「いなみ野ため池保全」の活動もなさっています。

鳥、自然環境、平和、安全、いろいろ考える事が多いです。





「市民音楽祭 アルカス寝屋川」で、「翼をください」の
大合唱をしてきました。
コーラスやゴスペル、アカペラなどで、活動しているグループの皆さん約80人とで、合唱をしたんです。
リハーサルの時から、音合わせはバッチリでしたよ。

2017:1:29◎アルカス合唱
 (リハーサルを終えてパチり)

さすが、普段からグループ活動で歌っている皆さんだけあって、言葉合わせや、音程もグッド。
「本番は、笑顔で歌いましょうね」と約束して、リハを終了しました。

本番は7つのグループが15分ずつの演奏をし、「紙ふうせん」の40分の歌のあと、「翼をください」の大合唱となりました。
2017:1:29◎アルカス本番合唱
 (本番終了後、パチリ)

大合唱中に2階から色とりどりの風船がフワ〜フワ〜リと落ちてきて、舞台と会場とが一体となりましたよ。
楽しかったで〜す。







岐阜県にある「各務原市」読み方が難しいですよ。
「かかみがはらし」と読みます。
1月下旬、名古屋から車移動で約1時間。各務原市民会館に到着しました。
「青春の歌声コンサート」で、今回も雪村いづみさん、合田道人さんと、ご一緒しました。
いづみさん、お元気!お元気!
3月にお誕生日を迎えられると、80歳なんですって!

2017:1:28◎◎各務原「歌声」
(前列左から泰代、合田道人さん、雪村いづみさん、悦治郎さん)

「私ね、若い時にアメリカでヴォイストレーニングを受けたでしょ。だから声は良く出るのよ」と言われるとおり、
「ブルーカナリア」「テネシーワルツ」「青い山脈」「Too young」「川の流れのように」を、昔と変わらない美声で歌われました。

「紙ふうせん」は「竹田の子守歌」「冬が来る前に」「赤い花白い花」「紙風船」「翼をください」を歌いましたよ。

素晴らしい先輩の雪村いづみさんに続いて行けるように、
今年も頑張りまっしょ!







アマデウスやっちゃん

Author:アマデウスやっちゃん
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。