2015 / 12
≪ 2015 / 11 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2016 / 01 ≫

未の今年もあと1日。 
振り返れば、3月に「紙ふうせん 40周年記念コンサート」を東京読売大手町ホールで開催し、イルカさん、白鳥英美子さん、小室等さんからの声のお祝いメッセージを披露したりして、ほのぼのとなつかしいコンサートになりました。 

3月14日には、介助犬「シンシア」の銅像が、JR宝塚駅構内に設置される除幕式に参加しました。
補助犬が普通に当たり前に受け入れられるよう、歌で応援を続けますね。

7月の姫路市でのコンサートでは、前日の豪雨の影響で、JRが不通、阪急阪神電車が間引き運転の中、車で事務所を出発したものの、大渋滞で動かずの状態。車で姫路まで行くのを諦めて、阪神芦屋駅から電車で姫路へと向かい、リハギリギリの時間に到着しました〜。

9月「ALFA MUSIC LIVE」では、作曲家村井邦彦さんと、久しぶりの再会。「赤い鳥」プロデビューの出会いから46年の時が流れていました。

10月「紙ふうせんリサイタル なつかしい未来 vol.10」を開催。
2006年から始めた「なつかしい未来」シリーズを10年間、やり続けましたね。
ゲストに、内海英華さん、桂かい枝さん、笑福亭三蕎さん、谷口英明アナウンサー、笑福亭銀瓶さんを迎えてのコーナーも楽しかったです。

2016年12月14日(水)に「紙ふうせんリサイタル〜〜〜」を開催予定です。
タイトルは「〜〜〜」とまだ決まっていませ〜ん。
乞うご期待!

皆さん、良いお年をお迎え下さいね。






スポンサーサイト

ゆるキャラの「ふくみみちゃん」が「2時コレ!」のスタジオにやって来ましたよ。

12:11「2時コレ」◯えべすさん
(後列右から4人目が福ちゃん、前列左から3人目は気象予報士の前田さん)

幸せと笑顔を届ける「福ちゃん」
福ちゃんの大きな耳を触ると、鈴の音が聞こえ福がやって来て、更に写真の銀瓶さんのように、赤い鯛の大きな口で頭を噛んで貰うと、無病息災これまた幸せが来るという「ありがたい福ちゃん」なんですよ。
隠し芸では「南京玉すだれ」が得意で〜す。

私、毎年「十日戎」では、西宮神社にお参りしているので、来年の「えべっさん」でも「福ちゃん」に会いたくてキョロキョロしちゃいそうです。










阪神淡路大震災から20年目の「ルミナリエ」、今年も友人
3人とで灯りの下、歩きました。

震災の犠牲者を悼み、灯りのなくなった街から復興してゆくようにと「祈り」を込めて、西から東へと続く「命と光の回廊・ルミナリエ」


      2015:ルミナリエ◯

冷え込みの中歩いていると、今生きている実感、命の尊さを実感しました。

        2015ルミナリエ円形◯

今年を振り返り、来年はあれもコレもやりたいなと、心ひそかに思うのでした。

来年の『紙ふうせんリサイタル』は、
2016年12月14日(水)兵庫県立西宮芸術文化センターでの開催が、決定!!しました!!!















阪神淡路20年メモリアル・コンサート

「淡路島古事記外伝〜ヤマタノオロチ〜」 (音楽劇)

12月6日(日) 昼公演13:00 開演
        夕公演16:00 開演 
淡路市立しづかホールにて
料金(全席自由) 一般 2300円 ・ 70歳以上 1500円 
         高校生以下 500円
お問合せ   淡路市立しづかホール (0799)62ー2001

         (兵庫県淡路市志筑新島5−4 
       JR三宮駅・舞子駅から高速バス有り)


内容は、スサノオがクシナダヒメを救うため、ヤマタノオロチに立ち向かうという「古事記」からのお話ですが、それを語りとヴァイオリン・ピアノ・フルート・バレエ・タップダンス・箏・尺八・和太鼓の演奏とのコラボで表現します。

「タイスの瞑想曲」「チャールダーシュ」「眠れる森の美女 第3幕より グラン・パ・ド・ドウ・クラシックアダージョ〜コーダ」など名曲、名場面が登場します。

「紙ふうせん」は物語の最後のエピローグで、歌いますよ!
     お越し下さ〜い!!!
           




アマデウスやっちゃん

Author:アマデウスやっちゃん
FC2ブログへようこそ!