2015 / 08
≪ 2015 / 07 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2015 / 09 ≫

ちょっとだけ歴女の私は、大河ドラマ「花燃ゆ」をじっくり観たり、時代劇映画「駆け込み女と駆け出し男」では、映像の美しさと当時の暮らしの音が細やかに再現されているのに感心してみたりと、歴史を楽しんでいます。
そしてお城を見ると写真を撮ってしまいます。
コンサートの前日に岐阜入りし、翌朝ホテルの窓から小さく「岐阜城」が見えました。パチリ!
2015:8:29:岐阜城
皆さん、見えますか?
手前が長良川で、金華山の頂上にちっちゃく写っているのが、織田信長が稲葉山城から岐阜城へと改名し、天下統一の拠点として、9年間住んだお城です。


岐阜市民会館で雪村いづみさん、合田道人さんとご一緒に、「青春の歌声コンサート」で歌ってきました。
雪村いづみさんは、デビュー61年ですよ!!! 
私は45年、まだまだヒヨコ?です

2015:8:29NHK歌声岐阜
(前列左から2人目が合田さん、雪村さん、私、治郎さん、
2列目左がギターのすぎたさんです)


会場と一緒に歌いましょうの企画なので、バックスクリーンには歌詞が出て、皆さん大きな美しい?声で歌って下さいました。
岐阜の皆さん、ありがとうございました。










スポンサーサイト

「異色の絵本作家・たなか しん」さんが、スタジオに原画を持って来られ、お話を伺いました。

幼稚園時代は恐竜を描き、小学生時代はゴッホやピカソを模写していたそうです。
明石市の海岸の砂を使って、赤、黄、青、白の4色のみで絵を仕上げるという異色の作家さんです。

絵本の作品を日本の出版社に持って行ったが、いい返事は貰えず、「そうだ!僕の絵は世界に出せば、受け入れられるんじゃないかな?イタリアボローニャに行こう!」と考え、新幹線にも乗った事はないし、英語も話せないけど、大阪に住んでいるのに遠回りして、成田空港からボローニャに一人で旅たったそうです。とてもプラス思考のしんさんです。
そして、台湾からデビューとなったわけですね。

絵はとてもリアルで立体感があり、砂の凸凹に味がありましたよ。


2015:8:21 2時コレ絵本たなかしんjpg

    (前列泰代の右隣がたなかしんさん)
新作「げんきのないピエロのたからもの」の主人公のぬいぐるみを手に持ってらっしゃいますよ。

「たなかしん 新作絵本原画展」が、8月26日〜9月1日に
阪急梅田本店9F:アートステージでありますよ。
行って観て下さ〜い。







8月8日(土)「でっかい花火に夢のせて がんばろう大阪」をテーマとした「なにわ淀川花火大会」のイベントで、歌ってきましたよ。

この夏は猛暑と急な大雨とで当日の天気が心配でした。
午後3時30分からのリハでは、気温がすでに36度を越えており暑い。
梅田方面の東の空には暗雲が広がってきており、稲光が見えていました。風がだんだんと強くなり、マイクに風の音が、「ゴーゴー」と入る中で、リハを終了しました。

控室のテントの中に入ると、これまた40度を越えているようで暑い、暑い!!!
お水を飲み、塩飴を舐めつつ、本番まで2時間30分の待ち時間をどう過ごそうかと考えていると、「お弁当です」と早目の夕食が届いたので、取りあえず食べ始めました。

すると雨が降り出し、遠くの雷が段々と近づき「ゴロゴロ、カリカリ、バシャーン」と頭上にやって来ました。
場内アナウンスでは、「落雷の怖れがありますので、河川敷のお客様は、頑丈な建物に避難をお願い致します」の連呼。雨は滝のように降り続け、テントの中で息を潜めてゲリラ夕立の通り過ぎるのを待ちました。

私は以外と雷が怖くないので、隣のテントの若い女子のように「キャーキャー」とは騒ぎませんでした。(そりゃ、今年でデビュー45年ともなれば、いろんな経験をしてきましたからね、落ち着いてますわよ)

5時過ぎには雨も小降りになり、十三大橋に二重の虹が架かりました。
5時40分にイベントが始まると、雨はすっかり上がってくれました。
はい、「紙ふうせん」は晴男と晴女のフォークデュオなのでございます。

今年メジャーデビューした「ミライスカート」「Especia」のライブとサンバチームのステージの後、「紙ふうせん」のライブで4曲歌いました。


久しぶりに見た花火、迫力あって美しかったです!








アマデウスやっちゃん

Author:アマデウスやっちゃん
FC2ブログへようこそ!